カジノ

朝鮮半島でのギャンブルに関する考え方

韓国と北朝鮮は両国とも外国人にのみ、カジノでの賭博を許可しています。自国民には賭博に参加することを許可せず、自国を訪問する外国人にのみ、賭博サービスを提供しています。法律で厳格に定められ、インターネットアクセスが規制されているため、違法なオンラインでの賭博にも参加できません。しかし、他の種類の娯楽を提供しているため、例外があります。 韓国でのカジノの選択肢 賭博場でのカジノについて、韓国人は1カ所のカジノのみ利用することができ、他方外国人には様々な選択肢が用意されています。オンラインカジノは利用できず、違法であり、ビンゴゲームも利用できません。スポーツ賭博、スポーツtoto、protoは韓国人も利用でき、競馬も参加することができます。宝くじも利用できますが、LOTTO Co. Ltd.が提供する宝くじに限定されます。 「外国人ギャンブラー」に関する法令によると、韓国人は他国でも賭博に興じてはならないと定められていますが、他国で賭博を行う韓国人ギャンブラーに対する措置やそういった人物を見つける方法については明確に定められていません。韓国ではオンラインの賭博も禁止されていますが、ウェブサイトが自国のライセンスを保有している場合、外国人はそこにアクセスできますが、このライセンスは実際の韓国のカジノ場には適用されません。 ギャンブラーが常習的賭博で捕まると、刑法第246条により、20百万韓国ウォンが科されます。違法賭博で捕まると、その罰金はおよそ5百万韓国ウォンになります。しかし、近年、韓国は賭博規制の法律や罰則を緩めています。さらに、政府がポーカートーナメントを開催し、ポーカースターズが高額出資を行い、このトーナメントの勝者Andrew Kimは、145百万韓国ウォンを獲得しました。 韓国政府は外国人に、カジノ場やオンラインの賭博を通じて様々な選択肢を提供していますが、自国民は限られた選択肢しかなく、法律や規制が細かく定められています。主要な外国人旅行客は中国人ですが、韓国では賭博を楽しむ選択肢が限られているため、マカオがギャンブルの目的地となっています。 北朝鮮でのカジノの選択肢 北朝鮮では、外国人は1つのカジノサービスのみを利用でき、他のカジノゲームは利用できません。一風変わった法律によれば、その規則は無謀で大げさです。さらに、オンラインカジノは利用できず、インターネットへのアクセスが規制されているため、違法にインターネットで賭博をすることもできません。 しかし、政府は1990年代、香港とマカオの投資家と共に、賭博を自国民に利用できる機会を提供しました。しかし現在では、賭博ができる場所はピョンヤンにある1カ所のみで、外国人しか利用できません。

Read More