朝鮮半島と賭博の複雑な関係

朝鮮半島は東アジアで最も有名な地域の一つであり、韓国と北朝鮮の2つの主権国家に分かれています。現在の朝鮮半島の賭博産業は、様々な側面で非常に複雑です。朝鮮半島はそのイメージに関わらず、非常に賭博を好む国です。ではここで、賭博、カジノ、ポーカーに関連する主な秘密を調べてみましょう。朝鮮半島を訪れる外国人は、予想する以上のスリルがあり、興味深い体験を味わっています。朝鮮半島の人々は、様々な方法でカジノを楽しみ喜んでカジノを深く探求し、常に最新情報を把握しています。彼らは家族、仕事、人間関係、食、ナイトライフ、娯楽について意識が高い国民です。法令に従って賭博行為を楽しみ、カジノでさらに稼ぐにはどうすればいいのかを分かっています。

海外と現地のギャンブラーとの法律的な違い

韓国では、韓国人と外国人が行う賭博の間には非常に多くの違いがあります。通常、韓国人はカジノで賭博に参加することはできません。疑う余地なく、この制度がこの国のギャンブル文化全体を形成しています。国内に住み、または外国を旅行する韓国人は、カジノでの賭博行為が許可されていません。さらに、韓国人は海外を渡航中も、その渡航先の国で合法であるかどうかに関わらず、マリファナのようなレクリエーショナルドラッグを使用することは禁じられています。この法令を違反する韓国人は、国外のカジノで逮捕されると、最大3年間の懲役刑を含め、厳罰に処せられます。その一方で、宝くじ、ドッグレース、競艇、競馬、その他スクラッチくじなど、賭け方式の賭博を行うことはできます。ソウル競馬場は、ソウルから南へ20キロほどの場所にある、40,000席ある有名な賭博場です。

韓国が賭博について厳格な法令を定めているのはどうしてかと疑問に思うかもしれません。韓国政府は、居住者にカジノでの賭博を禁じています。アジア人は、運についての信条や賭博への関心が高いことで知られているものの、アジア各国の賭博産業は、運命に関する文化的信条に大きく左右されています。韓国への訪問や、有名な観光地への滞在に興味を持っている経験の少ないギャンブラーや経験豊富なギャンブラーには、賭博に関する法律に注意を払い、法令を遵守することの重要性を常に意識すべきです。

韓国での賭博に関する情報を収集して判断を下す

韓国で違法な賭博で逮捕された者は、刑法第246条に従って、最大5百万韓国ウォン(およそ4,400ドル)の罰金刑が科されます。国の常習的ギャンブラーに対する罰金額は20百万韓国ウォン、または3年の懲役刑となります。しかし、韓国政府は、2012年、賭博に関連する法律の規制を緩めることに決めました。韓国の首都ソウルでは、高い賭け金のポーカートーナメントが主催されました。ポーカースターズが3百万韓国ウォンを出資してこのトーナメントを主宰しました。Andrew Kimという名の賭博イベントの勝者は、145百万韓国ウォンを手にしました。韓国への外国人旅行客はこの国のどのカジノでも自由に遊ぶことができます。

Spread the love